拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

札幌に移住する時に注意してほしい雪と寒さ

ホワイトイルミネーション中の札幌中心街 前回、 taku-you.hatenablog.jp で全国の都市の中で札幌が移住先として魅力的な理由を紹介しました。 しかし、北海道外から移住される場合は、注意してほしいこともあります。それは雪と、住まいの寒さへの対応。 札…

札幌を移住先としてお勧めする3つの理由

テレワークが流行し、首都圏・関西圏などから北海道・札幌への移住が注目されています。私たちの街・札幌市は、人口197万人、東京23区を含めれば全国5位の大都市ですが、大都市の中でも人気の移住先として常にランキング上位に位置しています。 札幌の魅力を…

課題は、高性能住宅の住まい方

前回のブログ taku-you.hatenablog.jp では、築12年経った札幌市南あいの里にある拓友建設の高性能モデルハウス「hakua(ハクア)」が中古住宅として売りに出される前に、外観と内装について確認・検査する機会があり、楽しみながら確認させていただいたという…

築12年でも拓友建設の家は「いい家」でした

5月26日のブログで、「いい家の探し方」についてまとめて書きました。 taku-you.hatenablog.jp このブログを見て、「拓友建設が考える『いい家』って何なの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。 2008年完成当時のhakua その一つの答えが、2008年…

コロナの影響で増えた家計の支出

「新しい生活様式」(新北海道スタイル)が始まって、約半月。マスクの着用、手洗いうがいの徹底、人との距離を確保して接触する機会をなるべく減らす…など、感染予防対策を継続しながら、学校や企業の活動が再開されました。 前回のブログでも触れましたが…

コロナによって暮らしがどう変わるか? 拓友建設の考え

4月から続いた緊急事態宣言が5月末に解除されました。ようやく日常に戻れるといった期待と、まだ感染拡大が収まったわけではないという不安が入り交じった6月を迎えています。これからは第二波、第三波・・を繰り返しながら、数年は「コロナと共存」すること…

いい家の探し方(デザイン×機能×価格)

札幌が初夏を迎える前に必ず訪れるリラ冷えが続いておりましたが、徐々に暖かくなってきました。そんな陽気の5月下旬、 少しの時間を作って、いま、拓友建設の家づくりを振り返っています。 拓友建設の家づくりをワンフレーズ風に表現すると「住宅性能×デザ…

2020年の植樹活動を中止します

昨年まで13年間、春に行ってきた三笠市内での植樹活動ですが、今年はまことに残念ですが中止させていただきました。 世界中を襲った新型コロナウイルスによる感染防止のため、北海道内でも外出自粛が続いたこともあり、中止を決断いたしました。 木を植える…

心と体を整える、おうちヨガ(おうち時間)

初夏のあたたかさが心地よい、最近の札幌。 この時期の北海道は、とても過ごしやすく、お出かけ日和が続く時期です。 しかしながら、今年のように新型コロナウィルスによる休校や休業で、自宅待機や、テレワークを余儀なくされるような事態では、どうしても…

篠路神社(札幌)の修繕改修工事を行っています

皆さまは札幌最古と言われる神社、篠路神社をご存知ですか? 当社では、縁あって、昨年・2019年から地元の氏神さまである篠路神社の修繕改修工事を担当させていただいています。 昨年は高欄(宮殿・神殿などのまわりや、橋・廊下などの両側につけた手すり)…

札幌も春らしくなってきました

北海道の長い冬が終わり、春の訪れを日々感じるようになりました。 今シーズンは暖冬で、例年よりも過ごしやすい冬でしたが、だんだんと日が長くなり、あたたかな日差しが心地良く感じられるなど、身をもって「春だなぁ」と思う今日この頃です。 入園、入学…

拓友建設は断熱性能とZEHが売りの工務店さまとどこが違うか

「家は、性能」のキャッチフレーズで北は北海道から南は九州まで、日本中に高断熱・高気密住宅を広めた某工務店があります。 それまでハウスメーカーは、雰囲気や豪華さ、中には自由設計を売りにした会社もありましたが、断熱性能に特化した会社はほとんどあ…

札幌版次世代住宅基準「トップランナー」はやりすぎ?

最新のトップランナー住宅(以下同じです) 札幌市が2012年度から開始した市独自の高断熱・高気密住宅基準「札幌版次世代住宅基準」には、ミニマムレベル、ベーシックレベル、スタンダードレベル、ハイレベル、トップランナーの5段階の基準があります(新築…

100万ドルの夜景と日本三大夜景

100万ドルの夜景 先月、函館山に夜景を見に行ってきました。仕事で出かけたついでです(いいわけ)。函館山へはロープウェイのほかタクシーや自家用車、バスなどの交通手段があります。ちょっと迷ってロープウェイで上がることにしました。 函館山の情報はコ…

増税後に住宅を買うメリット

とうとう2019年10月から消費税が10%にアップしました。日常生活用品が前年度売上げから11%も落ち込んだとニュースでやっていました。ましてや金額の大きい住宅新築やリフォーム、2%の差は大きいですね。 そこで国は景気対策として増税後の住宅購入を支援…

建築会社に初めて送るメールは?

お客様との繋がりの一番最初、今はやはりメールが主。電話との比率は7:3くらいでしょうか。顔が見えないとはいえ家を建てる第一歩を踏み出すのですから、メールを出すお客様もきっと緊張されますよね。そこで、あくまでも「拓友建設の場合」ですが、お客…

北海道にもシロアリが来襲?!

「寒い北海道にはシロアリがいない」が私たち道民の今までの当たり前でした。 しかし近年では北海道でもシロアリ被害が報告されているようです。たとえば札幌市中心部でも実際あったそうなのですが、これは新築した家ではなく同じ敷地に古くからある物置が被…

相見積もりは時間の無駄です

図面がないのに見積もりを出してだなんて 「家を建てる際、まず数社から相見積もりを取りましょう」と勧めている本やネットがいまだにあります。皆さんもそうするものだと思っていませんか?でもそれは大きな間違いだと思います。分かってください、詳細な設…

拓友農園の夏野菜

北海道の野菜は美味しいです。甘くて、味や風味が濃くて、歯ざわりもシャッキリです。雪の下で十分に休ませた土に植えられた苗は、梅雨がない6〜7月の育ち盛りに太陽をいっぱい浴びることができます。でも夜にはぐっと気温が下がるので、そこで糖分が蓄えら…

お客様からの感激メール

昨日、7年前のお施主様からメールをいただきました。その一文がとても嬉しかったのでちょっと抜粋させていただきます。 「大変ご無沙汰しています。○○町の○です。高断熱高気密と大工さんの施工のおかげで、日々ストレスがなく生活させていただいております。…

こまめに勉強しています(現場見学会編)

またおじさん達の勉強会のお話です。今回は「現場見学会」を企画しました。集まったのは北海道SHS会会員のみなさま50名弱。施工途中の家を見てなにが面白いのかというと、断熱の様子が分かる壁の内部は家の完成後では見えなくなってしまいます。家はそれぞれ…

今年も植樹に行ってきました

私たちの仕事は「木」を扱います。家を建てるごとに木をたくさん消費しています。それを補えるわけではありませんが、植樹は務めではないかと思っています。 加えて北海道の豊かな自然を次世代へきちんと引き継いでいきたい、そんな志しを同じく持つ方々と一…

こまめに勉強しています(北海道SHS会編)

皆さんは「外断熱」や「外張り断熱」という言葉は聞いたことがありますか。家を外側からすっぽり板状断熱材で覆う工法のことです。その先駆的役割を担っている「北海道SHS会」とは、SHS住宅を施工できる地元の工務店さん達の集まりです。断熱、気密、暖房、…

新築実例・小屋裏と大きな吹き抜けがあるSHS外断熱の家

設計:アルクム計画工房 施工:拓友建設(株) ご夫婦+お子さん4人のご家族が、大阪から実家のある札幌へUターン。春から新しい家で新しい生活を始めます。外断熱のSHS工法で建てられたこの家は小屋裏と大きな吹き抜けが特長。外側から断熱材でスッポリ家を…

新元号が「令和(れいわ)」に決まりました

新元号「令和(れいわ)」は、645年の「大化」から数えて248番目の元号となるそうです。 政府発表によると「令和」は、万葉集にある梅花の歌32首の序文にある「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひ…

ジャパン建材フェアに行ってきました

先日、2日間にわたりジャパン建材フェア(会場:東京ビックサイト)へ行かせていただきました。 ジャパン建材フェアとは、国内最大級の住宅建材総合展示即売会で、東京ビッグサイトにて年2回開催しています。主にビルダーを対象に建築資材や機器の新商品プ…

こまめに勉強しています

YKK AP様のご協力で、石狩市の北海道工場内「P-STAGE北海道(プロユーザー向けのショールーム)」に伺わせていただきました。メンバーは藤建サッシの藤川氏、ホリゾンアーキテクツの一原氏、弊社から私を含めて2名の計4名でした。 まず、少ない人数にもかか…

新築実例・プライベートコートがあるトップランナー住宅

設計:(株)ホリゾンアーキテクツ 一級建築士事務所、 施工:拓友建設(株)、写真:KEN五島 この住宅は札幌版次世代住宅のトップランナー等級を確保しています。 具体的には外皮平均熱還流率(UA値)は0.17、相当隙間面積(C値)は0.21、1次エネルギー消…

札幌版次世代住宅について

「札幌版次世代住宅基準」ってどうしてできたの? 札幌市では冬の暖房は必須です。でもそのせいか全国に比べて家庭から出るCO2の割合が高いのだそうです。 国は「省エネルギー基準」で住宅の断熱性能など定めていますが、札幌市は「この基準は札幌市ではまだ…

新築実例・パッシブ換気の平屋住宅

設計:エスエーデザインオフィス 施工:拓友建設(株) 写真:酒井広司 長年、家のメンテでお付き合いのあったお施主様の建て替え住宅です。以前は2階建てでしたが家族構成の変化に伴い、今度は暮らしやすい平屋住宅に。 横長で安定感のあるスッキリとしたフ…