拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

明けましておめでとうございます

今年の札幌のお正月は、気構えていたほど寒くなく雪も少なく感じます(といっても毎日氷点下だし、雪も積もってはいますが)。

年の初めはいつも気が引き締まりますね。今年はどんなお施主様と出会えるか楽しみでなりません。100人のお施主様がいたら100の暮らしがあり、抱いている希望の数はその何倍でしょうか?千?一万?

それらにお応えできるプロでいたいと思っています。

今年も拓友建設を宜しく願いいたします。

f:id:taku-you:20190107172433j:plain

メインクーンのメイ4歳♀です。彼女は柔らかなベッドより箱の方が居心地がいいみたいです。猫もそれぞれです。

 

2018年も残りあと5日

皆様、今年もお世話になりました。ありがとうございました。

たくさんの方との出会いがあり、刺激を受け、古くからの友人達とは親交を深め、数十年前の自分に戻るくりかえしでした。その2018年がもうすぐ2019年になります。皆さまにはどのような1年でしたか?

 

「2018年今年の漢字」は、なんと「災」でした。

たしかに地震や水害、台風など「自然の前では人間はなんて無力なんだ」と思った出来事が多かったですね。北海道でも大きな災害がありました。

その災害に遭い今も不便な生活をされている皆さまがおられます。お見舞いとともに、少しでも早く日常を取り戻せるよう、心から願っております。

 

来年の漢字が発表されるまでは1年以上ありますが、どうか「2019年の漢字」は「喜」のような思わず笑顔になるような漢字でありますように。

 

拓友建設は28日から2019年1月6日までお休みをいただき、7日から通常営業をさせていただきます。

どうかすてきな年末年始をお過ごし下さい。

「分かりやすい」気密の話.1

先日、私たちが施工した住宅の「気密性能試験」を行いました。
結果はおかげさまでとても納得のいく数値が出たのですが、「ウーム…こんなに家にとって重要なこと、もっと皆様に理解していただく努力をしなければ」と思い立ちました。実はずっと気になっていたんです。

 

f:id:taku-you:20181217133828j:plain

今回、気密性能試験をおこなった家の外観です。あいにくの雪模様。

家のとても大切な要素「気密・断熱・換気」。

でも目に見えないのが悩ましく難しいところです。床材や窓、キッチンや収納は楽しんで見て選ぶことが出来ますが「気密・断熱・換気」はどうしても地味なイメージ。お施主様も「専門的な分野」と敬遠されがちです。知ると面白いのですけどね。


家の性能は「気密・断熱・換気」で90%決まると私は思っています。

なので少しづつ「分かりやすく」これらの話をご紹介していければと思います。家を建てるって一生に1度か2度のすごい事。皆様には間違いない「大満足の我が家」をぜひ手に入れて欲しいのです。


今回は気密の話を少し。


気密は、性能を機械で測定すると数字で見ることができます。
家の床面積に対してどのくらい隙間が小さいのか?をC値といい、〇cm2/m2と表わします。数字が小さければ小さいだけ隙間が小さく「気密が高い家」と言うことができます。下の画像が気密測定の様子です。

f:id:taku-you:20181217133953j:plain

気密測定は、資格を持った技能者が拡声器のような機械で家の空気を排出&測定します

「気密が悪いとなぜダメ?」かというと、隙間から「冷気や熱」が逃げてしまうので夏は冷房代がかさみ、冬は暖房をつけても部屋が暖まらず暖房代も高くなります。

お金をかけて、せっかく断熱材を厚く入れても意味がなくなってしまうのです。
自慢ぽくなるのですが、私たちが施工した家は気密性が高いので「以前の家より冷暖房費が減りました」とお施主様が教えてくださいます。

 

ただ確かに気密は高ければ家の中の空気が逃げにくくなりますが、生活をしていると料理などの様々な臭いがでますよね。洗濯物を部屋干ししたら湿度も高くなります。カビが生える原因にもなります。

そこで切っても切り離せないのが「換気」。

空気を逃げにくくさせておいて換気だなんて相反することのように思えますよね。でも実は気密が高い住宅は換気をコントロール出来るんです。それを「計画換気」といいます。


気密から換気に話が動いて、ここらへんでウンザリされる方がいそうです。少しずつって難しいですね。続きはまたこの次にします。

 

さて私たちの「気密性能試験」の結果ですが、C値0.2c㎡/㎡でした。この家は5.5㎝×9㎝という「名刺の半分以下の隙間」しかないことになります。

f:id:taku-you:20181217170633j:plain

 

 

参考までに、次世代省エネルギー基準値、北海道はC値2c㎡/㎡です。

f:id:taku-you:20181217134240j:plain

NEDO(新エネルギー技術開発機構)から抜粋>

 

札幌版次世代住宅の基準はさらに厳しく、C値1〜0.5c㎡/㎡です。

f:id:taku-you:20181217134317j:plain

札幌版次世代省エネ基準値

 

・今回のまとめ・

気密性能の数値は、小さいほど「気密が高い(隙間が少ない)」

 

早く詳しく知りたい!という方は、よそ様のサイトではありますが

換気システムの課題とこれからの住宅換気」

北海道科学大学工学部建築学科教授の福島明先生が書かれたコラムがとても詳しくて参考になると思います。