拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

いい家の探し方(デザイン×機能×価格)

札幌が初夏を迎える前に必ず訪れるリラ冷えが続いておりましたが、徐々に暖かくなってきました。そんな陽気の5月下旬、

少しの時間を作って、いま、拓友建設の家づくりを振り返っています。

 

拓友建設の家づくりをワンフレーズ風に表現すると「住宅性能×デザイン」。

f:id:taku-you:20200526134700j:plain

建築中の住宅(SHS工法見学会)

家の基本はやはり断熱性能です。住宅の断熱性能は、時代とともに求められるレベルが変化します。だからこそ、拓友建設は住宅性能にこだわります。

拓友建設の断熱性能標準仕様は、札幌版次世代住宅基準のスタンダード以上。プランによってはその上のハイレベルやトップランナー基準をクリアする家もあります。

 

住宅・建築求められる断熱性能は10年一昔のスピードでどんどんレベルアップしています。ゲリラ豪雨など身近に迫った地球温暖化による気象変動を抑えるために、わたしたちが家づくりにおいてできることは、暖房エネルギー消費がかからない、CO2排出量の少ない家づくりです。

当社はこの点にこだわり、住宅性能は簡単にリフォームできないからこそ、最初にしっかりつくることを標準にしています。標準にする以上、価格上昇を極力抑える必要があります。この点についても努力を続けています。

 

もうひとつの特徴は、デザイン。お客さまのご要望やライフスタイルをしっかりヒアリングさせていただき、敷地もよく見た上で、暮らしやすさ・楽しさと美しいデザインをまとめるのは、提携する建築家の仕事です。

f:id:taku-you:20200526135123j:plain

設計:アルクム計画工房

お客さまのご要望をまずはしっかりヒアリングさせていただきます。実現したい暮らしや空間、興味のある建築家なども教えてください。

ご相談に見えるお客さまの中には「どんな建築家を選んでいいかわからない」という方も少なくありません。確かに難しいと思います。

当社はたくさんの建築家と組んで家づくりを進めていますので、お気軽にご相談ください。ホームページだけではわからない情報もございます。

 

デザインを売りとするツーバイフォー住宅メーカー

拓友建設の家づくりは「住宅性能×デザイン」という特徴がわかりやすいためか、デザインを売りとするツーバイフォー(2×4)住宅メーカーさまを検討している方がご相談にみえることも少なくありません。

この会社は、ツーバイフォー住宅で堅牢さと自由設計をアピールしています。

 

ホームページによると、外壁にはツーバイシックスと呼ばれる13.8cmの枠材を使い、高断熱・高気密を達成している、とあります。札幌版次世代住宅基準で評価すると、窓の断熱性能によっても変わりますが、ベーシッククラスかと思います。

「外張断熱の必要がない高断熱・高気密」とも書かれていますが、「高断熱」と判断していいのか難しいところです。

1999年に制定された省エネルギー基準では、13.8cmの枠材を使った断熱工法が基準をクリアする方法として「次世代省エネ基準クリア」と評価されていました。

しかし、それからすでに21年がたちました。。。

 

さて、この住宅メーカーが得意とするデザイン面についてみると、設計事務所を活用したデザイン性の高い住宅例や、夢のようなモデルハウスがございます。デザイン性の高さは、良い住宅の大切な条件です。

f:id:taku-you:20200526134826j:plain

設計:アルクム計画工房

ところで、良い住宅の条件を皆さんはご存じでしょうか。

こういう質問をすると、住宅業界の人ですら「・・・(沈黙)」となってしまいます。

当然です。日本には「良い住宅の条件」はありません。

 

ところが、日本以外の先進諸国にはあるのです。

どんな内容だと思いますか??

 

  • デザイン
  • 機能
  • 価格

 デザイン×機能×価格

これが世界標準の良い住宅の条件です。

 

いい住宅を探すとき、建築費という大切な条件を抜きに考えるのは難しいです。

いい住宅を探すなら、デザイン×機能×価格

この3つを物差しに、工務店や住宅メーカーを探してみてはいかがでしょうか。

2020年の植樹活動を中止します

昨年まで13年間、春に行ってきた三笠市内での植樹活動ですが、今年はまことに残念ですが中止させていただきました。

 

世界中を襲った新型コロナウイルスによる感染防止のため、北海道内でも外出自粛が続いたこともあり、中止を決断いたしました。

 

木を植えるこの活動はすぐに結果の出るものではなく、とても息の長い取組です。植えた苗木のすべてが成長するわけではなく、根が付かなかったり、雪にやられたり、中には新芽を鹿に食べられるケースもあるそうです。

 

私たちの暮らしも、いまはガマンのときです。来年にはまたみんなで楽しく植樹ができるように、息の長い取組を続けていきます。

  

昨年の活動はこちら。

taku-you.hatenablog.jp

心と体を整える、おうちヨガ(おうち時間)

初夏のあたたかさが心地よい、最近の札幌。

 

この時期の北海道は、とても過ごしやすく、お出かけ日和が続く時期です。

しかしながら、今年のように新型コロナウィルスによる休校や休業で、自宅待機や、テレワークを余儀なくされるような事態では、どうしても体も心もふさぎ込んでしまいがち。

 

そこで今回は、おうちでできる手軽なエクササイズとして再注目されている、ヨガをご紹介します。

 

ヨガとは?

ヨガには、「結ぶ」「つなぐ」という意味があるそう。心と体をひとつにする心身調整法として親しまれ、バランスのとれた身体を調整し、無理なく「元気」と「キレイ」を作り上げる、日本でも人気のエクササイズです。

 

ヨガの呼吸法

呼吸はヨガの中でも大切な要素のひとつ。「鼻から吸って鼻から吐く」呼吸でポーズを行います。まずは窓を開けて換気をして、キレイな空気の元でスタートしましょう。

 

f:id:taku-you:20200507193101j:plain

 

ヨガの効果をまとめてみました

★自律神経の働きを整える

ヨガのポーズは、背骨を整えます。身体のゆがみが矯正されることで、体調改善にも期待できます。また、息を吸う際に交感神経が働き、吐くときに副交感神経が働くので、呼吸のリズムや深さを意識することで、自律神経の働きを調整します。

自然治癒力を高める

呼吸法によって酸素が体内に入り、疲労物質が分解されることにより、血液の質が高まり、自然治癒力がアップすると言われています。

★ダイエット効果

身体の細胞をひとつひとつ緩め、刺激を入れて活性化させるので、新陳代謝がよくなり、消費カロリーもアップ。体の深層部にある脂肪を燃やす筋肉(遅筋)が活性化することで、脂肪を燃やしやすい身体をつくります。

★精神の安定

ヨガをすることで脳の働きが安定し、物事の正しい見方、考え方、とらえ方が自然とできるようになり、心が前向きになります。

★誰にでも簡単に始められる

自分のリズムや身体に合わせて、無理せずに行えるエクササイズなので、年齢や体力に関係なく運動ができます。

 

f:id:taku-you:20200507193254j:plain

 

まずは基本のポーズをマスターしましょう。リラックスして行うのがポイントです。

 

ヨガを始める前に

1.足を股関節に乗せる

両足を骨盤の幅に広げてから、足首を持って股関節に乗せるように曲げます。できない方は、あぐらをかくように足を恥骨に引き寄せるようにしましょう。

 

2.印を結ぶ

両手を膝の上に、手のひらを上に向けておき、親指と人差し指で輪を作るようにします。他の指は広げたままにしましょう。

 

3.目を閉じる

そのまま目を閉じ、力を抜いてゆっくりと呼吸しましょう。

 

f:id:taku-you:20200507193352j:plain

 

呼吸法

1.息を吐ききる

体に中にある空気をすべて出すイメージで、最初に息を吐ききります。

2.ゆっくり息を吸う

丹田(へその下約9センチ辺り)に空気を入れるように、鼻からゆっくりと息を吸います。

 

全身に効果的なストレッチ・牛ののポーズ
(ゴムカーサナ)

1.足を交差させて座り、足先をお尻のほうに引き寄せます。両膝を体の中心に合わせて重ねます。

 

2.息を吸いながら、骨盤を立て、下の足の側の手を上げて背中へ。

 

3.上の足の側の手は下から背中に回し、上の手とつなぎます。つなげない場合はつないだイメージで。息を吐きながら、あごを上げて上を見て、10回呼吸。手足を入れ替えて同様に行います。

 

f:id:taku-you:20200507193535j:plain

 

疲労回復、不眠の緩和などに効果的な亡骸のポーズ
シャヴァーサナ)

1.床にあお向けになり、両手両足を伸ばして、気持ちのいい幅に開き、手のひらは上に向ける。目を軽く閉じて、自然呼吸を静かに繰り返します。

 

2.息を吐くたびに、身体の力を抜きます。大地とひとつになるような、溶け込んでいくようなイメージを持ちましょう。

 

3.何も考えずに力を抜いて、身体の感覚を忘れるくらい脱力することがポイントです。

 

★脳の休養、ストレスと軽いうつ症状の軽減、体の緊張・頭痛・疲労不眠症の緩和、血圧の低下を促進する効果があると言われる、リラックスのポーズです。寝る前に行うと、安眠をもたらすと言われています。

f:id:taku-you:20200507193613j:plain

 

ヨガのポーズは初級~上級まで、他にもたくさんあります。

 

今はYouTubeなどの動画サイトで、プロの講師がおうちで簡単にできるプログラムなどを紹介しているので、ご家族で気軽にチャレンジできますよ。

例えばこちら  

 www.youtube.com

 

無理をせず、空いた時間に行なえる、おうちヨガ。在宅ワークの合間に、家事の合間に、寝る前に。ヨガをすると血行が良くなって、滞りがちな末端の血管まで血液が巡るため、水分補給を忘れずにレッツトライ!

 

おうち時間をストレスフリーで乗り切るのは簡単なことではありませんが、こころとからだのバランスを崩さないように、適度な運動を取り入れて、できることから始めていきたいですね。

篠路神社(札幌)の修繕改修工事を行っています

皆さまは札幌最古と言われる神社、篠路神社をご存知ですか?

当社では、縁あって、昨年・2019年から地元の氏神さまである篠路神社の修繕改修工事を担当させていただいています。

昨年は高欄(宮殿・神殿などのまわりや、橋・廊下などの両側につけた手すり)の取替工事を行いました。

 

f:id:taku-you:20200428093345j:plain

before

篠路神社の創建は1855年安政2年・江戸時代)にまで遡ります。

黒船来航が1853年ですから、わずかその2年後、北海道がまだ北海道と命名される前から祀られている神社です。

現在は学問の神として親しまれる菅原道真公(すがわらみちざねこう)も祀られていることから、合格祈願でも人気のパワースポットとなっています。

見違えるように美しくなった完成後の写真が下です。

f:id:taku-you:20200428093425j:plain

after


 当社では、今年も4月13日から工事を行っています。

今年は敷地境界のブロック塀の補修防水工事、神殿侵入部鳥居の塗装工事などを行う予定です。

 

f:id:taku-you:20200428093501j:plain

 

札幌最古と言われる神社、篠路神社。おまつりは例年ですと9月上旬になります。御朱印もあります(こういう時期なので念のため確認してください)。

皆さまもお近くに寄られることがありましたら、パワースポットで元気を分けてもらってはいかがでしょう。参拝客が多い場合は、距離を保って参拝してくださいね。

鈴を鳴らしてから二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)をして、お願い事を祈りましょう。

 

神社やお寺の新築・改修工事のことを「普請」とも言います。地域のための仕事、という意味が含まれているそうです。

神社から工事のお仕事をいただくのは、工務店として光栄であり、身の引き締まる思いです。ご指名に恥じない仕事をしていきます。

 

f:id:taku-you:20200428093546j:plain

雨の日のお社はとても静かでした(2020/04/26)



篠路を最初に開拓した「荒井金助」

篠路地区の開発は、江戸幕府のお役人として1857年7月に石狩役所に着任した荒井金助という人によって始まりました。

札幌市の資料によると、「金助は自ら土地開墾の手本を示そうと自費でこれら10余戸約50人の農民を篠路に移し荒井村を開いた。」とあります。なぜ、それほどの情熱を篠路の開拓に向けたのでしょうか。金助の血筋はすでに絶えてしまっている、ということですから、篠路開拓の秘話は、皆さんの想像力でつくることになりそうです。

 

f:id:taku-you:20200428093631j:plain

静かな神社におふたりがお参りに見えました


金助が篠路にはじめて足を踏み入れたのが1857年ですから、そのときはすでに神社が建っていた、ということになりますね。歴史を感じます!

f:id:taku-you:20200428093659j:plain

 

札幌も春らしくなってきました

北海道の長い冬が終わり、春の訪れを日々感じるようになりました。

 

今シーズンは暖冬で、例年よりも過ごしやすい冬でしたが、だんだんと日が長くなり、あたたかな日差しが心地良く感じられるなど、身をもって「春だなぁ」と思う今日この頃です。

 

入園、入学、入社、新年度と、節目の季節で、四季の始まりでもある春。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、人の集まるイベントが相次いで中止になるなど、全国で自粛の春となっていますが、もうすぐ北海道でも桜が咲き始めます。

f:id:taku-you:20200410173932j:plain

琴似発寒川の桜。今年も綺麗に咲いてくれるといいですね

ワイワイと賑やかなお花見を楽しみにしていたかたも多いでしょうが、今年は花より団子は我慢。人混みを避けて純粋に桜を愛でる、個人での静かなお花見に楽しみを見つけたいですね。

もしかしたら、普段なかなか気に留めることのない「自然の魅力」をゆったりと感じられる、絶好のチャンスかもしれません。

 

晴れた青空の清々しさ、澄んだ空気のおいしさ、花と緑の香りと美しさ…。

 

春だからこそ感じられる自然を体感しながら、ウォーキングやサイクリングなど、自分に合った運動を取り入れて、心身ともに健康なからだを目指してみてはいかがでしょう。

 

もちろん、人間誰しも体調がすぐれない日や気分が落ち込む日もあります。

 

そういったときは、窓を開けて、日光を浴びながら外の空気を吸うだけでも少し気分が上向きになりますよ。腹式呼吸で、深い呼吸をするのがオススメです。

f:id:taku-you:20200410174113j:plain

 

明けない夜がないように、季節も巡って、必ずまた春はやってきます。桜も美しく咲いて、癒しを与えてくれることでしょう。

 

北海道には、全道各地に桜の名所がたくさんあります!

道南から桜前線がひと月くらいかけて通過するため、桜を長く見られるのも北海道の魅力のひとつです。

 

皆さまも体調の変化に気をつけながら、今年ならではの過ごし方で「春」をお楽しみください。

 

拓友建設は断熱性能とZEHが売りの工務店さまとどこが違うか

「家は、性能」のキャッチフレーズで北は北海道から南は九州まで、日本中に高断熱・高気密住宅を広めた某工務店があります。

それまでハウスメーカーは、雰囲気や豪華さ、中には自由設計を売りにした会社もありましたが、断熱性能に特化した会社はほとんどありませんでした。それが、この工務店の業績が右肩上がりに上がるにつれて、他社も性能を高めることの重要性に気がつき始めます。ところが、結局、どのハウスメーカーも断熱性能に特化した商品をメインに据えて、本気で対抗することはできていません。

 

拓友建設は、断熱性能面ではこの工務店よりずっと早くから高断熱化の技術を導入し、控えめに言って同等以上の断熱性能を実現しています。今回はそのことについてお話させていただきます。

f:id:taku-you:20200331153033j:plain

1985年(昭和60年)に発刊された専門誌にはすでに、SHS工法などの高断熱・高気密工法が紹介されている

 

日本で住宅の断熱性能を高めようという研究活動をはじめたのは、1970年代の北海道でした。それが1980年代に入って実を結び、スタイロフォーム断熱材を木造軸組の外側に貼って、家全体を断熱材で覆うSHS工法や、在来軸組構法という伝統的工法の枠内で断熱性能を高めた新在来木造構法などが発表され、住宅は北海道から変わっていきました。

 

f:id:taku-you:20200331153325j:plain

2009年完成の札幌版次世代住宅基準スタンダード相当の住宅(撮影は2019年)

拓友建設は1992年の創業時より、これらの工法の中からSHS工法を採用し、メーカーであるデュポン・スタイロ株式会社や研究者、仲間の工務店とともに技術を高め、施工力を磨き、手に入れやすい価格を実現するためにコストコトロールという手法も導入してきました。

現在、当社は、標準仕様で札幌版次世代住宅基準のスタンダードレベルを上回り、トップランナーレベルの住宅も数多く手がけています。

f:id:taku-you:20200331153405j:plain

その室内

拓友建設に声をかけていただく理由

f:id:taku-you:20200331153515j:plain

当社にお問い合わせくださるお客さまのうち、年に数組のお客さまが先にあげた工務店を見てきました、と教えてくださいます。当社がマイホームの建築を請け負うことに決まり、契約する段階になって「どうして当社を選んでくださったのですか」と尋ねると

「〇〇工務店は少しのプラン変更も、仕様変更も難しかった。これでは誰の家かわからなくなってしまう」というお答えが返ってくる場合が多いのです。

そして、設計事務所とコラボして家を建てる当社のご提案がとても新鮮で、「本当の自由設計、自分たちの家ができるとわかった」とおっしゃってくださいます。

 

f:id:taku-you:20200331153557j:plain

日中の日差しを効率良く取り込むため、南東側全面に丸みを持たせた2階リビング

 

拓友建設の家づくりは、地元の建築家・設計事務所が建設予定地を見て道路の幅や方位、近隣建物と日射の入り方などをまず確認します。その上でお客さまに暮らしや生活スタイルをヒアリングし、ご希望や優先順位をうかがいます。

土地があまり広くない札幌では、こういう設計アプローチを取らないと、なかなか使いやすい家にならない現実があります。

 

家を建てる実際の工事では、地元のものづくり職人が設計図を形にしていきます。拓友建設は、できるだけ地元でつくられる建材・設備品を利用し、地元の職人が家を建てます。海外から半完成品を輸入して、現地で組み立てるのも住宅産業のひとつのあり方ですが、家づくりは、ファストファッションなどとは違い、地域の気象条件や土地柄を知って建てるほうがよりよいものができると確信しているからです。

f:id:taku-you:20200331153644j:plain

「北海道の気候に合った、高性能な自由設計の住まい」を拓友建設は提供しています。

詳しくは実際にお会いしてお伝えできればと思います。

今日はこの辺で…。

札幌版次世代住宅基準「トップランナー」はやりすぎ?

f:id:taku-you:20191103100709j:plain

最新のトップランナー住宅(以下同じです)

札幌市が2012年度から開始した市独自の高断熱・高気密住宅基準「札幌版次世代住宅基準」には、ミニマムレベル、ベーシックレベル、スタンダードレベル、ハイレベル、トップランナーの5段階の基準があります(新築基準です)。

ミニマムレベルは、その名の通り最低限。基準も省エネ基準相当ですから、最低ここまではやっておこうね、というレベルですね。もちろん補助金は出ません。

その次のレベルがベーシック。コチラもあくまでベーシックであり、2020年度からは補助金がなくなりました。

 

スタンダードは、札幌市が、市内の住宅の標準としたいレベルです。省エネ基準との比較では暖房燃費が4割程度減るという試算もあり、おサイフにやさしく、CO2排出量も減るので地球環境にやさしい家になります。

拓友建設の家は、標準仕様でこのスタンダードレベルをクリアします(プランによってはハイレベルをクリアします)。

 

f:id:taku-you:20191122111646j:plain

札幌版次世代住宅基準

スタンダードの上に、まだ2つの基準があります。ひとつはハイレベル。相当な断熱性能レベルであり、業界内では「ハイレベルをクリアした」といえば「ほおっ、がんばったね」との声も聞かれるレベルです。

 

最高の断熱性能といつまでも美しいデザイン

f:id:taku-you:20191103103225j:plain

最後にして最高峰、トップランナーレベルがあります。

おそらく、日本の住宅断熱性能基準として最高レベルですし、世界を見渡しても、ドイツパッシブハウスと同レベルですから、世界的にもトップレベルです。

この基準に挑む意味は、長く使う住宅だから、やはり現段階で最高のものを最初につくっておく、という建築会社としての心意気ではないかと思っています。

拓友建設の最新事例はiezoom(イエズーム)にも取材記事として掲載されています。こちら。。

iezoom.jp

 

f:id:taku-you:20191103110601j:plain

最高レベルの断熱性能で、掃き出しの大きな窓からは光と暖かさが降りそそぎます。暮らしや住宅デザインを犠牲にせず、明るくのびのび暮らせる拓友建設のトップランナー住宅は、もしかするとオンリーワンの家づくりになるかもしれません。

というのも、あまりに厳しい断熱基準をクリアするために、窓を小さくしたり、壁が蔵のように厚くなったりするという声も耳にしますが、当社のトップランナー住宅はそんなことはありません。

 

ブログに使った写真は、すべて最新のトップランナー住宅です。

 

f:id:taku-you:20191103103135j:plain

高性能×デザイン

あったかくて、地震があっても不安がなく、ふだんの暮らしは楽しいおうち。

暮らしを支える器は、やはり美しくて高性能がいいと思っています。

2020年度の補助金情報はこちらをご覧ください。3月2日に発表されております。

www.city.sapporo.jp

 

www.takuyou.jp