拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

お客様からの感激メール

昨日、7年前のお施主様からメールをいただきました。その一文がとても嬉しかったのでちょっと抜粋させていただきます。

「大変ご無沙汰しています。○○町の○です。高断熱高気密と大工さんの施工のおかげで、日々ストレスがなく生活させていただいております。ありがとうございます。」

「日々ストレスがなく」という部分が感涙ものでした。まさに私たちの目指しているところです。このように言っていただいてお施主様には本当に感謝です。

「暑いな」「寒いな」そういうのを感じさせないために家の性能が必要です。外気に左右されない家の中は暖房費も冷房費もとても少なく済みます。札幌も昨今エアコンを使うお宅も増えてきましたが、性能が高い家では24畳のリビングでも6畳用のエアコンで十分です。その方が本体も電気代も安く済みますしね。

あとで性能をアップさせることは難しいことです。でも劣化は小まめなメンテナンスで小さくすることが出来ます。

 

 丁寧なメンテナンス、豊かな暮らし

 Sさんとはもう10年を超えるお付き合いです。先日お宅へ取材に伺わせていただきました。(その時の様子ですhttps://iezoom.jp/entry-1192.html

f:id:taku-you:20190626133450j:plain

新築時のSさん宅。今(10年後)と比べてもどっちが新築かわからない

 キチンと手入れがされているSさんの家はまさか11年目とは誰も思わないでしょう。
たとえば無垢のフローリングは年月と共に色も深みも艶も増しており、へんな話ですが新築時より高級そうに見えます。庭には手入れがされた花や野菜、ウッドバルコニーは10年も経つと雪のために傷みがでてくるのにまったくそんなことはありません。
そして断熱性能も建てた頃からおちておらず、室内はすごく快適でした。そう、ここが重要だと思うのです。

f:id:taku-you:20190626133434j:plain

まだ浅い色味の床や壁

f:id:taku-you:20190626133427j:plain

正面右が水回り、左が和室

f:id:taku-you:20190626133440j:plain

日差しを取り込むリビング

f:id:taku-you:20190626134204j:plain

2階がRのリビング


新築時は予算内に収めるため、あそこを削ってあれのグレードを下げて、でもあれは外せないし…と大変ですよね。
でも断熱気密などの性能は取り替えることができません。見えないところですが重要です。まずはそこを一番に考えてみませんか。


 

 

 

こまめに勉強しています(現場見学会編)

またおじさん達の勉強会のお話です。今回は「現場見学会」を企画しました。
集まったのは北海道SHS会会員のみなさま50名弱。施工途中の家を見てなにが面白いのかというと、断熱の様子が分かる壁の内部は家の完成後では見えなくなってしまいます。家はそれぞれの会社によって少しづつ施工の仕方が違います。使う材料も違います。
なので「他の会社はどのようにしているのだろう?」と現場ではみなさん興味津々なのです。

 

f:id:taku-you:20190618154523j:plain

 

昔はお互いの技術を公表し合うことは勇気のいることでした。しかしある程度まで確立された工法なので、それ以上の断熱気密の数値を求めると各々の工夫が必要になります。それにこれだけ沢山の資材建材が出回っている中、全てを自分の会社だけで使ってみることも不可能です。
仲間が「それ、使ってみたけど良かったよ」「こういう収め方が効果があった」こういう情報は何にも代え難く、会員全体の技術力向上に欠かせないものなのです。

 

f:id:taku-you:20190618154648j:plain

f:id:taku-you:20190618154712j:plain

f:id:taku-you:20190618154724j:plain

f:id:taku-you:20190618154733j:plain

 

その後は改めて現場の説明、質疑応答です。

 

f:id:taku-you:20190618154820j:plain

f:id:taku-you:20190618154833j:plain

会長の(株)丸三ホクシン建設社長 首藤さん

f:id:taku-you:20190618154908j:plain

わたし、拓友建設の妻沼です

 

その後、北海道住宅新聞社・白井編集長にネットでお客様と出会うための注意点などの講演をしてただきました。おじさん達はネットに少々疎い部分があるので、乗り遅れないように真剣に聞きました。

 

f:id:taku-you:20190618154944j:plain

 

今回は曇り空で残念ながらきれいな画像ではありませんでした。なので最後にわが家のモフモフさん達をどうぞ。

f:id:taku-you:20190618155008j:plain

ポーズの取り方がカッコイイ(猫バカ)

 

今年も植樹に行ってきました

私たちの仕事は「木」を扱います。家を建てるごとに木をたくさん消費しています。それを補えるわけではありませんが、植樹は務めではないかと思っています。

加えて北海道の豊かな自然を次世代へきちんと引き継いでいきたい、そんな志しを同じく持つ方々と一緒に、北海道の三笠市へ毎年植樹に出かけています。

今年でもう13回目になります。

(他の画像はコチラでご覧下さい)

http://www.takuyou.jp/syokurin.html

 

f:id:taku-you:20190530143550j:plain

家族で参加される方も多数。お子さん達も楽しんでくれています

 

f:id:taku-you:20190530143700j:plain

今年は雑草よけにシートを敷きます

 

f:id:taku-you:20190530143727j:plain

来年、自分たちが植えた苗木がどれだけ育っているか楽しみです

 

雪の多い三笠市ですが、山では積雪が10メートルほどになるそうです。

地元のNPO法人・三笠森水遊学舎さんと協力して植えた苗木は1年の半分は雪の下で、春になれば雑草に埋もれ、鹿などにかじられます。少ししか生き残ってくれませんが、それでも何本かは立派に成長してくれています。その木が、酸素を造りながら山の地盤を強固にしてくれています。なんだか感慨深いですね。

 

f:id:taku-you:20190530143834j:plain

10年前に植えた苗木が、こんなに大きく成長しました

 

リバーサイドの隠れ家レストランで昼食

 植樹後の昼食は、昨年の10月にオープンしたばかりのレストラン「ジオビレッジ西桂沢」さんへ。場所は「桂沢国設スキー場」の近くで、川がとうとうと流れる景観の良い場所に建っています。車でしか行けませんが、自然を愉しむには最高の場所です。


内部は広くお洒落な雰囲気。2階は宿泊施設だそうです。メニューは洋食を中心にそば、うどんですが、今回は予約の際にお願いし、別メニューを用意していただきました。

ごちそうさまでした。おもてなし、ありがとうございました。

 

f:id:taku-you:20190530143952j:plain

別荘風のレストラン外観

 

f:id:taku-you:20190530144023j:plain

レストランの内部の様子

 

f:id:taku-you:20190530144046j:plain

お店のお勧め「ウニご飯」、美味しかったです

レストラン情報「Geovillage Nishikaturazawa(ジオビレッジ西桂沢)」: 〒068-2102 三笠市西桂沢6番地  ℡ 01267-4-3008 年中無休

 

 

話題の高校生レストラン

 昨年できたばかりの「高校生レストラン」へ帰りに寄ってみました。

レストランとは別に、地元の食材でつくられた商品も多数販売されていました。「ワインによく合う」との説明書きに惹かれ、チーズがかかったパンを購入。小麦の香りが良くもっちりとして美味しかったです。

 

f:id:taku-you:20190530144848j:plain

広い駐車場と分かりやすい看板

 

f:id:taku-you:20190530144924j:plain

入って左がレストラン、右がショップになっています

 

 

ぜひ、来年はご一緒に

 植樹は結果がすぐにはみえる活動ではありませんが、森林浴をしながら土に触れるのはとても気持ちが良いものです。

よろしければ来年の5月、私たちと一緒に木を植えに行きませんか?

 

こまめに勉強しています(北海道SHS会編)

皆さんは「外断熱」や「外張り断熱」という言葉は聞いたことがありますか。家を外側からすっぽり板状断熱材で覆う工法のことです。
その先駆的役割を担っている「北海道SHS会」とは、SHS住宅を施工できる地元の工務店さん達の集まりです。断熱、気密、暖房、換気の4要素のバランスのとれた良い家を建てるために、そのノウハウをきちんと学ぶための会です。
この会が発足してからもう30年以上経ちます。

 

f:id:taku-you:20190522161205j:plain

 

この北海道SHS会では頻繁に勉強会を開いて会員の資質向上をはかっています。また横の繋がりもできて、同業者同士で「あるある」な話ができるのは楽しいものです。
画像は講演会の様子です。このように会員の持っているノウハウを共有したり、外部から講師を招いたりとなかなか面白い活動をしています。


技術のしっかりした地元の工務店で家を建てたい方、または視野を広げてみようと思っている建築会社様は、宜しければホームページをご覧になってみて下さい。http://hokkaido-shs.jp/

f:id:taku-you:20190522161253j:plain

SHS会会長のホクシン建設社長・首藤さんの講演

 

f:id:taku-you:20190522161312j:plain

SHS会顧問の拓友建設・妻沼でございます

 

本当に建築はどんどん進化しています。新しい建材、新しい材料、新しいやり方。それにスマートなんチャラというものにも対応していかねばなりません。SHS工法も何度も改良を重ねて、時代を先駆けた性能となるように今に至ります。私たちおじさん達はたまにお酒も飲みますが、ちゃんと勉強しているんです。

 

後日、実例でSHS工法で建て10年以上経っているお宅をご紹介します。シャキッとしたままの暖かい家と、大切に住んで下さっているお施主様の両方に感動しました。
加えて、6月13日にはホクシン建設様と私たち拓友建設との合同現場見学会及び勉強会をSHS会で予定していますので、その様子もご紹介できればと思っています。

新築実例・小屋裏と大きな吹き抜けがあるSHS外断熱の家

設計:アルクム計画工房  施工:拓友建設(株)

 ご夫婦+お子さん4人のご家族が、大阪から実家のある札幌へUターン。春から新しい家で新しい生活を始めます。
外断熱のSHS工法で建てられたこの家は小屋裏と大きな吹き抜けが特長。外側から断熱材でスッポリ家を覆う工法なので、屋根なりの大きな空間が造れるのです。
足下が冷えない高い断熱性能、そしてこの家の気密性能を表すC値は0.3c㎡/㎡でした。参考までに、北海道の次世代省エネルギー基準値は C値2c㎡/㎡、さらに厳しい基準の札幌版次世代住宅になると C値1〜0.5c㎡/㎡なので、比較するとこの家の高い性能がおわかりいただけると思います。もちろんそれに伴った計画換気で室内はいつもキレイな空気。
床材はすべて無垢なので、上に下にと走り回るお子さんにこそ素足でその温もりを感じて欲しいと思います。

f:id:taku-you:20190419131347j:plain

アプローチ正面の木製ドアは玄関ドアではなく風除室への入口。その奥に見えるのが玄関ドア。床のアクセントラインはタイルでデザイン。

 

「風除室(玄関フード)」についてちょっと説明したいと思います。


北国では一般的で、冬の寒さ、夏の暑さ、花粉や風から玄関を守り室温の変化を抑えてくれます。吹雪の日に風除室に駆け込んだときの安心感といったら!
また外断熱の家はどこも同じ室温で「寒い場所」がないので、風除室に冬の野菜やビールや漬け物を置くご家庭もあります。その際は凍らないようにダンボールに入れるのは必須ですが。しかしそれは玄関にサンルームをつけたような一般的な風除室の場合です。
この家の風除室はちょっと見た目も性能も違っていて、外気温が-15℃でも風除室の室温は+5℃を維持しています。寒さや暑さをシャットアウトして室内に入れない北国の工夫。その進化形だと思います。

f:id:taku-you:20190419131450j:plain

玄関を室内側から見た様子。普段使いの靴は右の造作シューズボックスへ。室内側に大容量のシューズクロゼットが別にある。

 

f:id:taku-you:20190419131536j:plain

奥のサンルームの床には、施工途中に子供達の押し手形を記念につけた。

 

f:id:taku-you:20190419131612j:plain

右のドアは水回りへと続きキッチンへ抜ける回遊できる間取り。左の丸窓を開けてみると…。

 

f:id:taku-you:20190419131644j:plain

和室と繋がる丸窓。

 

f:id:taku-you:20190419131717j:plain

効率を考えたゆとりのある家事室。奥には洗濯機、ガス乾燥機が収まっている。

 

f:id:taku-you:20190419131752j:plain

高級感漂うシックなキッチンはクリナップ製。左にある机は、お母さんの近くで子供が宿題をするのにちょうどいい。

 

f:id:taku-you:20190419131820j:plain

広いキッチンにコンロ、オーブン、シンクがまとめられていて家事導線が短くなっている。左奥のドアを開けると洗面、家事室、浴室がある。

 

f:id:taku-you:20190419131907j:plain

奥の襖は右の壁内にスルスルと収まるようになっている。開けてみると…。

 

f:id:taku-you:20190419131934j:plain

キッチン続きの小上がり風の和室が。きっと食事会に大活躍するはず。

 

f:id:taku-you:20190419132018j:plain

スキップを上がる右の部屋は寝室。左は書斎。

 

f:id:taku-you:20190419132106j:plain

書斎の様子。壁はすべて調湿作用のある珪藻土塗り。

 

f:id:taku-you:20190419132135j:plain

2階から3階を見上げた様子。屋根なりの吹き抜けはSHS工法ならでは。

 

f:id:taku-you:20190419132205j:plain

無垢材に囲まれて暖かみがある空間。階段を上り小屋裏へ。

 

f:id:taku-you:20190419132243j:plain

3階小屋裏には腰掛けて勉強できるスペースが。床材はリトアニア製のもみの木でパイン材よりきめが細かく乾燥しにくい。

 

f:id:taku-you:20190419132319j:plain

3階小屋裏はまるで船の中にいるようなワクワクする空間。本棚にお気に入りを並べてこもりたくなる。

 

新元号が「令和(れいわ)」に決まりました

元号「令和(れいわ)」は、645年の「大化」から数えて248番目の元号となるそうです。

政府発表によると「令和」は、万葉集にある梅花の歌32首の序文にある「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫す」から引用したとのことです。


意味は、「初春のよい月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている」というかんじでしょうか。とても雅な歌ですね。

f:id:taku-you:20190401161804j:plain

さらに「令和」は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているとか。
漢字2文字にこれだけの意味や思いが込められるのは、とても日本的だとおもいます。

昭和に産まれ育ち、平成の社会で思い切り泣き笑いながら生きてきた気がします。振り返るとちょっとじんわりくるものがあります。同じような年代の方ならば、皆さんそうなのではないでしょうか。


元号を使用しているのは日本くらいだと聞きました。でも元号があると過去を振り返るときの区切りとなり、その時代の香りを感じることが出来ます。

新しい令和の時代、まだまだ私たちは元気です。どのような時代にするのかは私たち次第です。皆さん、これからですね。

一緒に頑張っていきましょう。そして平成にありがとう。

ジャパン建材フェアに行ってきました

先日、2日間にわたりジャパン建材フェア(会場:東京ビックサイト)へ行かせていただきました。

 

f:id:taku-you:20190326145508j:plain

 

ジャパン建材フェアとは、国内最大級の住宅建材総合展示即売会で、東京ビッグサイトにて年2回開催しています。主にビルダーを対象に建築資材や機器の新商品プレゼンテーションの場です。

出展メーカーは200社以上、毎回2万数千人の来場者を数えるそうです。

 

f:id:taku-you:20190326145552j:plain

f:id:taku-you:20190326145602j:plain

 

さすが東京ビックサイト。会場の広さと人の多さは舌を巻くほどですが、今年は東京オリンピックの関係で少し小さい西会場での開催でした。気になったのは例年よりも小さな会社の出店が少ないように思いました。

 

実は毎年楽しみにしているのは、こういう場でないと出会えないような商品達です。

たとえば昨年は、鬼瓦を小ぶりにした商品を見つけました。北海道では瓦が一般的ではなく、ましてや鬼瓦になると取り付けている家は見たことがありません。「魔除けにつけてみようか」といくつか買い求めてきました。こういう小さな会社がコツコツ作り上げているような商品と出会った時は心が躍りますね。


今年は何も買わずに終わりましたが次回開催の時は、もっとワクワクするような商品達と出会えればと願っています。

 

f:id:taku-you:20190326145649j:plain

f:id:taku-you:20190326145700j:plain

 

別会場でのセミナーも興味深かったです。会社の代表の方々が話す自社の経験談の数々。地域の特色もでている話に引き込まれてしまいました。

 

f:id:taku-you:20190326145724j:plain

 

しかし最新の建材や機器はすごいです。いい商品はぞくぞくと出てきますし、少し前なら近未来のような住宅が今はもう現実になっています。デザインも高価にはなりますが素敵になっています。つい目がいってしまいますが現実では費用対効果を考えながら、上手に利用したいと思います。

 

f:id:taku-you:20190326145758j:plain

f:id:taku-you:20190326145808j:plain

f:id:taku-you:20190326145818j:plain

 

私たちが大切にしているのは、断熱や気密などの目に見えないけどやり直しがきかない部分。そこがしっかりしていないと最新の設備もおしゃれな機器も台無しになってしまいます。

高性能で寿命が長い家を造るため、愉しみながら自己研鑽を重ねています。