拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

こまめに勉強しています(北海道SHS会編)

皆さんは「外断熱」や「外張り断熱」という言葉は聞いたことがありますか。家を外側からすっぽり板状断熱材で覆う工法のことです。
その先駆的役割を担っている「北海道SHS会」とは、SHS住宅を施工できる地元の工務店さん達の集まりです。断熱、気密、暖房、換気の4要素のバランスのとれた良い家を建てるために、そのノウハウをきちんと学ぶための会です。
この会が発足してからもう30年以上経ちます。

 

f:id:taku-you:20190522161205j:plain

 

この北海道SHS会では頻繁に勉強会を開いて会員の資質向上をはかっています。また横の繋がりもできて、同業者同士で「あるある」な話ができるのは楽しいものです。
画像は講演会の様子です。このように会員の持っているノウハウを共有したり、外部から講師を招いたりとなかなか面白い活動をしています。


技術のしっかりした地元の工務店で家を建てたい方、または視野を広げてみようと思っている建築会社様は、宜しければホームページをご覧になってみて下さい。http://hokkaido-shs.jp/

f:id:taku-you:20190522161253j:plain

SHS会会長のホクシン建設社長・首藤さんの講演

 

f:id:taku-you:20190522161312j:plain

SHS会顧問の拓友建設・妻沼でございます

 

本当に建築はどんどん進化しています。新しい建材、新しい材料、新しいやり方。それにスマートなんチャラというものにも対応していかねばなりません。SHS工法も何度も改良を重ねて、時代を先駆けた性能となるように今に至ります。私たちおじさん達はたまにお酒も飲みますが、ちゃんと勉強しているんです。

 

後日、実例でSHS工法で建て10年以上経っているお宅をご紹介します。シャキッとしたままの暖かい家と、大切に住んで下さっているお施主様の両方に感動しました。
加えて、6月13日にはホクシン建設様と私たち拓友建設との合同現場見学会及び勉強会をSHS会で予定していますので、その様子もご紹介できればと思っています。

新築実例・小屋裏と大きな吹き抜けがあるSHS外断熱の家

設計:アルクム計画工房  施工:拓友建設(株)

 ご夫婦+お子さん4人のご家族が、大阪から実家のある札幌へUターン。春から新しい家で新しい生活を始めます。
外断熱のSHS工法で建てられたこの家は小屋裏と大きな吹き抜けが特長。外側から断熱材でスッポリ家を覆う工法なので、屋根なりの大きな空間が造れるのです。
足下が冷えない高い断熱性能、そしてこの家の気密性能を表すC値は0.3c㎡/㎡でした。参考までに、北海道の次世代省エネルギー基準値は C値2c㎡/㎡、さらに厳しい基準の札幌版次世代住宅になると C値1〜0.5c㎡/㎡なので、比較するとこの家の高い性能がおわかりいただけると思います。もちろんそれに伴った計画換気で室内はいつもキレイな空気。
床材はすべて無垢なので、上に下にと走り回るお子さんにこそ素足でその温もりを感じて欲しいと思います。

f:id:taku-you:20190419131347j:plain

アプローチ正面の木製ドアは玄関ドアではなく風除室への入口。その奥に見えるのが玄関ドア。床のアクセントラインはタイルでデザイン。

 

「風除室(玄関フード)」についてちょっと説明したいと思います。


北国では一般的で、冬の寒さ、夏の暑さ、花粉や風から玄関を守り室温の変化を抑えてくれます。吹雪の日に風除室に駆け込んだときの安心感といったら!
また外断熱の家はどこも同じ室温で「寒い場所」がないので、風除室に冬の野菜やビールや漬け物を置くご家庭もあります。その際は凍らないようにダンボールに入れるのは必須ですが。しかしそれは玄関にサンルームをつけたような一般的な風除室の場合です。
この家の風除室はちょっと見た目も性能も違っていて、外気温が-15℃でも風除室の室温は+5℃を維持しています。寒さや暑さをシャットアウトして室内に入れない北国の工夫。その進化形だと思います。

f:id:taku-you:20190419131450j:plain

玄関を室内側から見た様子。普段使いの靴は右の造作シューズボックスへ。室内側に大容量のシューズクロゼットが別にある。

 

f:id:taku-you:20190419131536j:plain

奥のサンルームの床には、施工途中に子供達の押し手形を記念につけた。

 

f:id:taku-you:20190419131612j:plain

右のドアは水回りへと続きキッチンへ抜ける回遊できる間取り。左の丸窓を開けてみると…。

 

f:id:taku-you:20190419131644j:plain

和室と繋がる丸窓。

 

f:id:taku-you:20190419131717j:plain

効率を考えたゆとりのある家事室。奥には洗濯機、ガス乾燥機が収まっている。

 

f:id:taku-you:20190419131752j:plain

高級感漂うシックなキッチンはクリナップ製。左にある机は、お母さんの近くで子供が宿題をするのにちょうどいい。

 

f:id:taku-you:20190419131820j:plain

広いキッチンにコンロ、オーブン、シンクがまとめられていて家事導線が短くなっている。左奥のドアを開けると洗面、家事室、浴室がある。

 

f:id:taku-you:20190419131907j:plain

奥の襖は右の壁内にスルスルと収まるようになっている。開けてみると…。

 

f:id:taku-you:20190419131934j:plain

キッチン続きの小上がり風の和室が。きっと食事会に大活躍するはず。

 

f:id:taku-you:20190419132018j:plain

スキップを上がる右の部屋は寝室。左は書斎。

 

f:id:taku-you:20190419132106j:plain

書斎の様子。壁はすべて調湿作用のある珪藻土塗り。

 

f:id:taku-you:20190419132135j:plain

2階から3階を見上げた様子。屋根なりの吹き抜けはSHS工法ならでは。

 

f:id:taku-you:20190419132205j:plain

無垢材に囲まれて暖かみがある空間。階段を上り小屋裏へ。

 

f:id:taku-you:20190419132243j:plain

3階小屋裏には腰掛けて勉強できるスペースが。床材はリトアニア製のもみの木でパイン材よりきめが細かく乾燥しにくい。

 

f:id:taku-you:20190419132319j:plain

3階小屋裏はまるで船の中にいるようなワクワクする空間。本棚にお気に入りを並べてこもりたくなる。

 

新元号が「令和(れいわ)」に決まりました

元号「令和(れいわ)」は、645年の「大化」から数えて248番目の元号となるそうです。

政府発表によると「令和」は、万葉集にある梅花の歌32首の序文にある「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫す」から引用したとのことです。


意味は、「初春のよい月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている」というかんじでしょうか。とても雅な歌ですね。

f:id:taku-you:20190401161804j:plain

さらに「令和」は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているとか。
漢字2文字にこれだけの意味や思いが込められるのは、とても日本的だとおもいます。

昭和に産まれ育ち、平成の社会で思い切り泣き笑いながら生きてきた気がします。振り返るとちょっとじんわりくるものがあります。同じような年代の方ならば、皆さんそうなのではないでしょうか。


元号を使用しているのは日本くらいだと聞きました。でも元号があると過去を振り返るときの区切りとなり、その時代の香りを感じることが出来ます。

新しい令和の時代、まだまだ私たちは元気です。どのような時代にするのかは私たち次第です。皆さん、これからですね。

一緒に頑張っていきましょう。そして平成にありがとう。

ジャパン建材フェアに行ってきました

先日、2日間にわたりジャパン建材フェア(会場:東京ビックサイト)へ行かせていただきました。

 

f:id:taku-you:20190326145508j:plain

 

ジャパン建材フェアとは、国内最大級の住宅建材総合展示即売会で、東京ビッグサイトにて年2回開催しています。主にビルダーを対象に建築資材や機器の新商品プレゼンテーションの場です。

出展メーカーは200社以上、毎回2万数千人の来場者を数えるそうです。

 

f:id:taku-you:20190326145552j:plain

f:id:taku-you:20190326145602j:plain

 

さすが東京ビックサイト。会場の広さと人の多さは舌を巻くほどですが、今年は東京オリンピックの関係で少し小さい西会場での開催でした。気になったのは例年よりも小さな会社の出店が少ないように思いました。

 

実は毎年楽しみにしているのは、こういう場でないと出会えないような商品達です。

たとえば昨年は、鬼瓦を小ぶりにした商品を見つけました。北海道では瓦が一般的ではなく、ましてや鬼瓦になると取り付けている家は見たことがありません。「魔除けにつけてみようか」といくつか買い求めてきました。こういう小さな会社がコツコツ作り上げているような商品と出会った時は心が躍りますね。


今年は何も買わずに終わりましたが次回開催の時は、もっとワクワクするような商品達と出会えればと願っています。

 

f:id:taku-you:20190326145649j:plain

f:id:taku-you:20190326145700j:plain

 

別会場でのセミナーも興味深かったです。会社の代表の方々が話す自社の経験談の数々。地域の特色もでている話に引き込まれてしまいました。

 

f:id:taku-you:20190326145724j:plain

 

しかし最新の建材や機器はすごいです。いい商品はぞくぞくと出てきますし、少し前なら近未来のような住宅が今はもう現実になっています。デザインも高価にはなりますが素敵になっています。つい目がいってしまいますが現実では費用対効果を考えながら、上手に利用したいと思います。

 

f:id:taku-you:20190326145758j:plain

f:id:taku-you:20190326145808j:plain

f:id:taku-you:20190326145818j:plain

 

私たちが大切にしているのは、断熱や気密などの目に見えないけどやり直しがきかない部分。そこがしっかりしていないと最新の設備もおしゃれな機器も台無しになってしまいます。

高性能で寿命が長い家を造るため、愉しみながら自己研鑽を重ねています。

こまめに勉強しています

YKK AP様のご協力で、石狩市の北海道工場内「P-STAGE北海道(プロユーザー向けのショールーム)」に伺わせていただきました。
メンバーは藤建サッシの藤川氏、ホリゾンアーキテクツの一原氏、弊社から私を含めて2名の計4名でした。


まず、少ない人数にもかかわらず手の込んだ勉強会を開いて下さったYKK APの皆さま、有り難うございました。内容は高断熱、高機能商品の説明、工場内の視察と「かため」です。

商品特性についてはここで説明するよりこちら(https://www.ykkap.co.jp/apw/apw430/index.html)で見ていただいたほうが間違いないです。

 

f:id:taku-you:20190313102820j:plain

P-STAGE北海道前です。寒いから早く中に入りたい

 

新商品が出たとおもったら、数年後にはそれの性能を上回る新商品がまた出てきます。私たちがお茶を飲んでいる時間にも、よりよい商品を生み出そうとたくさんの方々が頑張っているんですよね。

現状に甘んずることなく、性能数値をはじき出したりしてつねに上を目指しているんだなぁと、なんだかドラマの「下町ロケット」をイメージしました。

f:id:taku-you:20190313103102j:plain

性能がアップした商品はちゃんと把握しておかなければなりません

 

ここで気が引き締まるのが、せっかくいい商品を使っても施工が悪ければその性能はムダになってしまいます。商品の性能を最大限発揮できるような施工が不可欠だとあらためて思います。

いい商品はそれなりのお値段がしますからね。お施主様には「これにして良かった!」と言われて当然、間違っても損をさせてはなりません。

 

f:id:taku-you:20190313104015j:plain

YKK APさんはネジの1本まで自社生産だとは驚きました

 時間を作っては小まめに勉強会や研修会には参加していますが、ショールームはたまに覗く程度。札幌にもショールームと名が付く施設はかなりの数があります。でも久しぶりに伺うと、見応えが増しているんです。よりイメージしやすくなっていたり、性能の「見える化」がすごかったり、楽しめる要素がたくさん詰まっています。

休日のレジャーにお近くのショールームに出かけてみてはどうでしょう?きっと楽しめると思いますよ。

 

f:id:taku-you:20190313104247j:plain

珈琲のほかにホテル、レストランの「食」の部門もYKKグループさんにはある

余談ですが、YKKさんはブラジルに3300万坪のコーヒー農場をお持ちだとか。そこで栽培してるオリジナル珈琲「カフェ・ボンフィーノ」を飲ませていただきました。

丸みのある薫りと抑えられた酸味、とても美味しかったです。

新築実例・プライベートコートがあるトップランナー住宅

設計:(株)ホリゾンアーキテクツ 一級建築士事務所、

施工:拓友建設(株)、写真:KEN五島

 

この住宅は札幌版次世代住宅のトップランナー等級を確保しています。

具体的には外皮平均熱還流率(UA値)は0.17、相当隙間面積(C値)は0.21、1次エネルギー消費量は等級5で暖房+換気は34%となっています。

相当隙間面積(C値)の0.21を具体的に表現すると、家中の隙間を寄せ集めても名刺サイズ半分ほどの大きさしかないという事になります。また壁の断熱材の厚さは約30センチになります。

建主さんのこだわりと国内トップクラスの性能を実現した住宅です。

f:id:taku-you:20190227170243j:plain

どっしりと安定感がある外観。右の塀に囲われている部分がプライベートコート

f:id:taku-you:20190227170324j:plain

アプローチの様子。夜の陰影が下見板貼りの表情をひきたてている

f:id:taku-you:20190227170351j:plain

玄関入ってからの見返し。床暖が入っているので外からの冷気も入らず、濡れた靴もすぐ乾く

f:id:taku-you:20190227170419j:plain

階段室はオープンにしてリビングと一体化

f:id:taku-you:20190227170447j:plain

南面の大きな窓のおかげで階段室、リビング、ダイニング、キッチン全てが明るい

f:id:taku-you:20190227170510j:plain

回遊できる二列型のゆとりあるキッチン。奥には和室

f:id:taku-you:20190227170534j:plain

間やお昼寝場所として使い勝手がよい和室。引き戸を全て壁の中にしまうとリビングの一部に

f:id:taku-you:20190227170558j:plain

床はカバ材オスモ仕上げ、そして全面床暖房。部屋に暖房機がないのでスッキリ

f:id:taku-you:20190227170701j:plain

床下で暖められた空気が窓下のルーバーから上がることでコールドドラフト(冷気)止めになり、足下が冷えません

f:id:taku-you:20190227170625j:plain

キッチンからはコートで遊ぶ子供達の様子が見えるように

f:id:taku-you:20190227170742j:plain

壁と一体になっている曲線の庇(ひさし)は1200mm以上。夏の日差しを遮って室内の温度を抑える

f:id:taku-you:20190227170803j:plain

玄関の目隠し塀はシースルーにして人のシルエットは分かるように

f:id:taku-you:20190227170827j:plain

家が建上がった後、札幌市が申請基準を満たしているか確認。その後授与される認定書はいわば「性能を見える化した保証書」。五つ星はトップランナー住宅の証

 

最後に設計者の一原さんからコメントをいただきました。

 

■設計:一原寿寛さん
「住宅設計では「窓の在り方」を吟味して計画を行います。
この住宅では2階の窓を天井いっぱいに設けることで、
・冬場は部屋の奥まで日射が届くので明るい室内になる。そしてたくさんの青空が見える。
・夏場は部屋上部の温まった空気の排気効率が高いばかりでなく、突き出し窓と庇のダブル効果でゲリラ豪雨でも雨が入りにくい。
・通りや近所の住宅からは人影が見えずらいので、夜でもプライバシーが確保しやすい。
といった恩恵を受けられます。

f:id:taku-you:20190227170930j:plain

窓を真剣に考えることで、この御家族にピッタリの明るく広々と感じられる空間になったと思います」

札幌版次世代住宅について

「札幌版次世代住宅基準」ってどうしてできたの?

 札幌市では冬の暖房は必須です。でもそのせいか全国に比べて家庭から出るCO2の割合が高いのだそうです。

国は「省エネルギー基準」で住宅の断熱性能など定めていますが、札幌市は「この基準は札幌市ではまだ不十分。さらに高気密高断熱住宅の基準を定めてCO2の削減につなげよう。国内最高水準の性能を目指しながら、2030年までに約46万トンのCO2削減(2012年比)を目指そう」と「札幌版次世代住宅基準」を策定しました。


そして規定レベル以上の戸建て住宅を新築する札幌市民に建設費用の一部を補助することにより、普及促進を図っています。

 

 補助金額はレベルによって違います

 補助金額は、トップランナーが1件あたり200万円、ハイレベル同150万円、スタンダードレベル同80万円、ベーシックレベル30万円です。
平成30年度は全3回の合計で、トップランナー3件、ハイレベル7件、スタンダードレベル81件、ベーシックレベル21件の枠がもうけられました。
そして私たち拓友建設はここ数年、必ずトップランナー又はハイレベルの補助金を利用させていただいています。

f:id:taku-you:20181217134317j:plain

 

住宅のレベルが高いことの利点

 トップランナー又はハイレベルの住宅だと、真冬の北海道でも日差しが入れば無暖房で過ごせます。外は氷点下でも家の中はどこも同じほわっとした温度。
それは夏でも当てはまります。外は30℃超えの真夏日でも日中の日差しを遮蔽すれば、冷房を入れなくてもわりと過ごせます。冷暖房エネルギーの節約で電気代は安くなり、CO2もカットできます。


住宅を高気密高断熱にしていくと初期費用はかかりますが、年間の冷暖房費が安くなるのでその分は必ず回収できると思っています(もちろん節約意識ゼロでつけっぱなし、開けっ放しではダメですよ)。

その間、毎日の生活が快適なことは言うまでもありません。

 

「スタンダードで十分」と言っていて、建てたすぐ後から「やっぱりトップランナーかハイレベルにしたい」と希望してもすみません、それはちょっと無理です(改修するにはたくさんのお金がかかってしまいます)。

一生に一度か二度の大きな買い物。勢いにまかせずじっくりと家族で話し合ういい機会です。住宅の寿命が長くなってきています。たぶん子や孫の代まで残るでしょう。

家族の意見がまとまった後、みんながワクワクする家造りの開始です。

 

 施工側の苦労

 住宅の性能は数値で表せます。今の時代の「見える化」はお施主様にとってとてもいいことですね。実は私たちにとってもいいことです。数値=施工力ですから。

ここで会社選びが重要になります。いい住宅性能の数値は一朝一夕で出せるものではありません。気を抜かず、手も抜かず、丁寧に、丁寧に。施工側が経験と研究と勉強を重ねて、やっと満足のいく住宅性能の数値が出るようになるのです。

隙間相当面積でいうと、私たちはどの現場でもすべて「C値=0.5c㎡/㎡」以下です。


次回はトップランナーの新築住宅をご紹介します。

画像では家の性能は見えないのですが、冬暖かく夏涼しい本当に快適な家ですよ。