拓友建設のブログ

高性能住宅+デザインの拓友建設が、家や暮らしのことを分かりやすく書くブログ

こまめに勉強しています

YKK AP様のご協力で、石狩市の北海道工場内「P-STAGE北海道(プロユーザー向けのショールーム)」に伺わせていただきました。
メンバーは藤建サッシの藤川氏、ホリゾンアーキテクツの一原氏、弊社から私を含めて2名の計4名でした。


まず、少ない人数にもかかわらず手の込んだ勉強会を開いて下さったYKK APの皆さま、有り難うございました。内容は高断熱、高機能商品の説明、工場内の視察と「かため」です。

商品特性についてはここで説明するよりこちら(https://www.ykkap.co.jp/apw/apw430/index.html)で見ていただいたほうが間違いないです。

 

f:id:taku-you:20190313102820j:plain

P-STAGE北海道前です。寒いから早く中に入りたい

 

新商品が出たとおもったら、数年後にはそれの性能を上回る新商品がまた出てきます。私たちがお茶を飲んでいる時間にも、よりよい商品を生み出そうとたくさんの方々が頑張っているんですよね。

現状に甘んずることなく、性能数値をはじき出したりしてつねに上を目指しているんだなぁと、なんだかドラマの「下町ロケット」をイメージしました。

f:id:taku-you:20190313103102j:plain

性能がアップした商品はちゃんと把握しておかなければなりません

 

ここで気が引き締まるのが、せっかくいい商品を使っても施工が悪ければその性能はムダになってしまいます。商品の性能を最大限発揮できるような施工が不可欠だとあらためて思います。

いい商品はそれなりのお値段がしますからね。お施主様には「これにして良かった!」と言われて当然、間違っても損をさせてはなりません。

 

f:id:taku-you:20190313104015j:plain

YKK APさんはネジの1本まで自社生産だとは驚きました

 時間を作っては小まめに勉強会や研修会には参加していますが、ショールームはたまに覗く程度。札幌にもショールームと名が付く施設はかなりの数があります。でも久しぶりに伺うと、見応えが増しているんです。よりイメージしやすくなっていたり、性能の「見える化」がすごかったり、楽しめる要素がたくさん詰まっています。

休日のレジャーにお近くのショールームに出かけてみてはどうでしょう?きっと楽しめると思いますよ。

 

f:id:taku-you:20190313104247j:plain

珈琲のほかにホテル、レストランの「食」の部門もYKKグループさんにはある

余談ですが、YKKさんはブラジルに3300万坪のコーヒー農場をお持ちだとか。そこで栽培してるオリジナル珈琲「カフェ・ボンフィーノ」を飲ませていただきました。

丸みのある薫りと抑えられた酸味、とても美味しかったです。